お知らせ 【技術コミュニティ運営者の皆さま】成長し続けるエンジニアを支援する「Forkwell」と「connpass」が連携し、connpass上でイベントを開催する技術コミュニティを2020年3月末まで支援いたします。詳しくはこちら by Forkwell

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月

14

機械学習 名古屋 研究会 #12

論文紹介LT大会その12

Registration info

一般枠

Free

FCFS
3/12

Description

機械学習 名古屋 研究会

モチベーション

月に1本は論文を読もう!

機械学習/AI 界隈では、日々の研究成果が『論文』として1日に何本も発表されています。

全ての論文を個人で追うのは無理でも、月に1本くらいならなんとかなるはず。
それをみんなで共有すれば、効率良く何本もの論文にふれあえる!

そこで、機械学習名古屋 は通常の勉強会とは別の 研究会 を立ち上げました。
月1程度で集まって、みんなで『読んだ論文の共有』をしましょう!

進め方

  • 参加者は、読みたい論文 を申告する。
    • 参加時アンケートで『読みたい論文』を必須項目としています。必ず 読みたい論文 を用意してから参加を申し込んでください。
  • 論文を開催日時までに読んで、1ページに簡単にまとめる(※1)。
  • 当日、発表(LT)する。
  • ↑を肴に◯◯(※2)。

※1:すぐ後で解説する「論文まとめについて」 を参照してください。
※2:質疑応答議論ツッコミ等含む

論文まとめについて

論文まとめテンプレートを用意しています↓

論文まとめテンプレート

これは 落合陽一氏の論文まとめ方(あるスライドの65ページ目) を参考に Markdown 1ページに落とし込んだものです。
こちらを利用して、Markdown でまとめを作成していただき、研究会の GitHub リポジトリ に登録(プルリクを送る形でリクエスト)、という流れになります。
具体的には、↓の「第1回論文まとめディレクトリ」を参照してください。
第1回論文まとめディレクトリ

参加者は、アンケートに回答した『読みたい論文』を読んで、当日までにこのテンプレートを利用した Markdown によるまとめを作成して頂き、研究会の GitHub リポジトリ に登録(プルリクを送る形でリクエスト)してください。
(GitHub を使えない等の場合は、当日までに論文をまとめた .md ファイルを管理者宛に送付(もしくは共有URLを提示)いただければ、プルリク代行いたします)

まとめ方の考え方やコツは、上述の「第1回論文まとめディレクトリ」の各まとめを見たり、以下に挙げる参考サイトなどを参考にしてください。

参考

発表について

1人あたりの持ち時間は「発表5分」+「質疑応答5分」の10分を目安とします(5分完全打ち切りLTではありません)。
2時間で参加者12人全員が発表(≒12部の論文が参加者全員で共有)できるよう、ご協力をお願いします。

今回の発表内容

発表者 論文

持ち物

  • 『論文を読む!』という前向きな気持ち
  • 読んだ論文をまとめて『あとは当日発表がんばるぞ!』という気構え

参加枠について

  • 紹介枠なくしました。みなさん『一般枠』で申し込んでください。

会場

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

antimon2

antimon2 published 機械学習 名古屋 研究会 #12.

02/15/2019 13:44

機械学習 名古屋 研究会 #12 を公開しました!

Ended

2019/03/14(Thu)

19:00
21:00

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2019/02/15(Fri) 13:43 〜
2019/03/14(Thu) 21:00

Location

有限会社来栖川電算

名古屋市中区新栄1-29-23 (アーバンドエル新栄2階)

Attendees(3)

nharu1san

nharu1san

機械学習 名古屋 研究会 #12 に参加を申し込みました!

antimon2

antimon2

機械学習 名古屋 研究会 #12 に参加を申し込みました!DiffEqFlux.jl の論文読みます!

c0hama

c0hama

機械学習 名古屋 研究会 #12に参加を申し込みました!

Attendees (3)

Canceled (1)